クレジットカード現金化の利用にはデメリットが付き物?徹底調査!

クレジットカード現金化のデメリットとは?

クレジットカード現金化のデメリット

 

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を現金に変えるという金策です。

 

急に現金が必要になった時に利便性が高いため、利用者は年々増え続けています。

 

しかし、多かれ少なかれメリット・デメリットが存在するのです。

 

クレジットカード現金化の業者は、自分たちの生業を悪くなるような言い方はもちろんしません。

 

そのため、クレジットカード現金化のメリット・デメリットを徹底的に調査しました。

 

 

クレジットカード現金化のデメリットの詳細

 

クレジットカード現金化のデメリットの詳細

 

クレジットカードの現金化には、知っておかないと危険なデメリットがあります。

 

どのようなデメリットがあるのかをまとめてみましょう。

 

  • クレジットカードが利用停止になる可能性がある
  • 手数料が掛かる
  • 悪質業者によるトラブルが存在する

 

かなりリスキーなデメリットですよね。

 

一つ一つ解析していこうと思います。

 

クレジットカードが利用停止になる?

 

クレジットカードが利用停止

 

クレジットカードの一番のデメリットと言われているのは、カードが利用停止になる可能性があることです。

 

実は、クレジットカードで現金化をすることはカード会社の利用規約で禁止されています。

 

なぜかというと、ショッピング枠というのは一時的にカード会社に代金を立替えてもらい、その代金でショッピングや食事などを行うことができる枠のことです。

 

その枠で現金化をされてしまうと、カード会社はあまり良く思いません。

 

クレジットカード現金化をしていることがバレてしまった場合、カードが利用停止になることが十分に考えられます。

 

手数料が掛かる

 

クレジットカード現金化業者は、商品の送料やクレジットカードの決済手数料等を負担しているため、少なからず手数料は掛かります。

 

そして、ボランティアではなく、商売をしています。

 

そのため、業者の利益も含めた手数料が掛かるのです。

 

10%〜20%程の手数料が掛かることを忘れないでください。

 

また、クレジットカードの現金化の換金率の相場は70%〜75%とされており、70%以上の換金率で現金化できる業者は優良店とされています。

 

70%〜75%の換金率が適用された場合
1万円を現金化 → 7千円〜7千5百円の換金率になります

 

悪質業者によるトラブルが存在する

 

悪質業者によるトラブルが存在する

 

これまで、クレジットカードの現金化業者が「詐欺罪」や「出資法違反」で逮捕された事案をご存知でしょうか。

 

  • きちんとした手続きをしたのに、お金が振り込まれない
  • 手続き後、大量に手数料が引かれた

 

上記のような詐欺行為が実際に行われた事案があります。

 

ヤミ金のような現金化業者も存在しているのです。

 

どうすれば、そのような悪質現金化業者を避けることができるのでしょうか。

 

自分でするクレジットカード現金化

 

自分でするクレジットカード現金化

 

上記の通り、クレジットカード現金化にはデメリットが存在します。

 

利用する際には知っておかないと損をしてしまったり、痛い目にあったりしてしまうことも考えられるのです。
したがって、十分な注意が必要となります。

 

では、現金化業者を利用しなければいいんじゃないの?

 

という漠然とした疑問が残りませんか?

 

クレジットカードでブランド品やゲーム機などを買い、質屋等で売買し、自分で現金化する方法もあります。

 

しかし、換金率が良いものは限られ、新幹線の回数券を多めに買ってしまうと約90%の確立でカード会社にバレてしまうのが現状です。

 

ではどうしたら良いのか。

 

最善の方法は優良店と呼ばれるクレジットカード現金化業者に委託する事です。

 

クレジットカード現金化の優良業者とは

 

クレジットカード現金化の優良業者

 

優良業者は、きちんとした生業として営業をしているため、自分たちが不利になるような行動は皆無です。

 

クレジットカード現金化の優良店に任せることによるメリットをまとめました。

 

  • カード利用停止のリスクが少ない
  • 自分で現金化するよりも高い換金率が見込まれる
  • お持ちのスマホ・パソコンから手続きができるので、手間がかからない
  • 即日・数十分で現金が手に入る

 

専門の現金化業者にも悪質な業者が存在していないとは言い切れません。

 

しかし、きちんとした優良店なら利用者の安全を一番に考えています。

 

クレジットカード現金化の悪質業者とは

 

クレジットカード現金化の悪質業者

 

逆に言うと、悪質な現金化は自分たちの利益しか考えていません。

 

  • 態度が悪い
  • 無理強いしてくる
  • 手数料・換金率の数字をハッキリ言わない
  • 利用者の予算以上の金額の現金化を執拗に要求してくる

 

上記の言動・行動がある現金化業者はやめておきましょう。

 

調査まとめ

 

調査まとめ

 

以上のことからも、クレジットカードの現金化にはデメリットもあります。

 

しかし、どうしてもすぐに現金が必要になることは少なくありません。

 

そのような時、クレジットカード現金化は非常に利便性が高い資金調達方法であることは言うまでもありません。

 

効率よく安全に現金化をするには、業者選びが重要なのです。

 

自分に合った優良業者で現金化することを強くお勧め致します。

最新更新日2017/3/13
トップへ戻る